ベーシックカラー最強説

あなたの衣裳部屋(部屋のクローゼット)には、どんな服がかけられていますか?

 

カラフルな服がたくさんかけられている方もいれば、すっごく地味なベーシックカラーの服ばかりが並んでいる方もいると思います。さて、この両者だとどちらがおしゃれなファッションをコーディネートしやすいと思いますか?

 

実は、ベーシックなカラーがそろえられているほうです。

 

おしゃれなファッションかどうかは、カラフルさで決まるものではなく、コーディネートの統一感や組み合わせのうまさで決まるからです。ベーシックカラーの洋服は、その点に関して非常に優秀。

 

そこで今回は、洋服を買う際にベーシックカラーを選ぶべき理由について、触れていきたいと思います。洋服を購入する際に参考にしていただければと思います!

 

関連記事:メンズの黒スキニーパンツなら【Dcollection】がおすすめ

関連記事:短足でも黒のスキニーパンツは履けるという事実【短足?バランス?似合わない?】

関連記事:統一感のあるコーデをするならベースカラーが「黒なのか紺なのか」を決めること!【おしゃれへの第一歩】

おしゃれになるなら、ベーシックカラーの洋服をそろえるべき理由

ベーシックカラー

おしゃれを意識するあまり、個性的なカラフルなアイテムをそろえてしまう人も多くいますが、それは大きな間違いです。おしゃれなファッション = 個性的ではなく、おしゃれなファッション = 無難なファッションだと私は考えています。

 

無難というのは、特別目立つわけではないけど、なんだか雰囲気やシルエットがイイ。というようなイメージです。こういったおしゃれは、基本的にベーシックカラーの洋服を組み合わせることで実現できるので、カラフルなアイテムはあまり必要ありません

 

また、ベーシックカラー同士の相性は凄く良いので、コーディネートのしやすさもうれしい点です。特にファッションの知識がない人は、まず無難なベーシックカラーの洋服から購入すると良いでしょう。

 

【たったの6色!】ファッションの基本。ベーシックカラーって何色?

ファッションでいう、ベーシックカラーは以下の6色です。

 

白、黒、グレー、ベージュ、茶、紺

 

おおげさに言ってしまえば、ファッションアイテムでこの6色以外を選ぶ必要すらないほど、大切な色になります。これらの6色であれば、適当に組み合わせてもある程度おしゃれに見えてしまうのです。

 

例えば、紺のジャケットに白のパンツ、黒色のシューズを合わせてみましょう。

ベーシックカラーコーデ

参考画像:wear

 

するとどうでしょう?非常に落ち着きがある、綺麗なスタイルにまとまりますよね?

 

こちらも同様に。紺色、白、黒or茶色のローファー。

ベーシックカラーコーデ

参考画像:wear

 

このように、ベースカラーとなる色のアイテムをそろえておけば、無難でおしゃれなコーディネートが簡単に組めるのです。色としては全く派手なものはなくでもおしゃれなコーディネートにまとまっていますよね?無理して派手な色のものを着る必要はありません。無難な色を選ぶことが、おしゃれへの近道です。

ベーシックカラーがおしゃれファッションを制す

ベーシックカラー

ベーシックカラーは名前の通り、「基本の色」です。ファッションに関して基本を押さえておくことは、最も重要。そのうえで、自分なりの個性や工夫を追加して楽しんでいくものです。

 

おしゃれをはき違えて、個性ばかり押し出している人も多くいますが、そうならぬよう今一度自分のコーディネートを見返す機会にしていただけたら嬉しいです。

 

別に高い服を買う必要はありません!ファッション通販サイト「SPUTNICKS 」「メンズスタイル 」「Dcollection 」などを利用したりして、安くファッションを楽しむのもアリだと思います。

 

ちなみに最近の私の一押しは、メンズファッションレンタルサービスです。ほかの記事でも紹介しているので、気になる方はぜひ読ん見てくださいね!

 

おすすめの記事