洋服を選ぶ際のポイントとして

 

自分のベースカラーが黒か紺を決めておく

 

ということが大切です。ファッションのベースカラーを決めておくことで、その色を軸として服を選ぶことができるため、コーディネートがうまくまとまるようになります。また、黒や紺は比較的どんな人にも似合う色なので、特におすすめです。

 

関連記事:クローゼットにはベーシックカラーだけで十分な理由。おしゃれはカラフルさでは決まらない!

 

本記事では、ファッションにおいてベースカラーを決めておく大切さや、黒と紺どっちをベースカラーに決めればいいのか、説明していきます。まだベースカラーが決まっていない人は読んでみてください。

 

面倒くさいからとりあえずプロにすべて任せたい!!という人は、以下のサービスを利用してみてくださいね!

 

「leeap」コーディネートごとプロにお任せ!

黒をベースカラーに選ぶ人

黒をベースカラーが似合う人ってどんな人なんでしょうか? 実際にコーディネート例を見ながら考えていきましょう。

黒をベースカラーにしたファッションコーデ

ベースカラー黒_コーデ

参考画像:wear

ベースカラー黒_コーデ

参考画像:wear

黒をベースカラーに選ぶべき人(似合う人)

黒のベースカラーが似合う人は、以下のような特徴がある人です。

 

クールで大人っぽい人

顔が濃いめの人

繊細で何事にも敏感な人

 

どちらかと言えば、自分がクールかどうかが大切。黒はキリっとした印象を与えるカラーなので、自分の特徴とあっているか確認しましょう。

ベースカラー黒の人に似合うアイテム

ベースカラーが黒の人は、以下のアイテムを持っておくと良いでしょう。もちろん、真っ黒にならないように、コーデを組むことが必要ですので、足元の色を変えたり、ジャケットの色を変えたりしてみると良いでしょう。

 

ちなみにジャケットの色のおすすめは、「紺色」です。ベースカラーは黒でも、紺のジャケットは万能アイテムなので持っておくと重宝します。

 

黒いVネックTシャツ

黒いブーツ

黒のスキニーパンツ

※紺色のジャケット

紺をベースカラーにしたファッションコーデ

続いて、紺をベースカラーが似合う人ってどんな人なんでしょうか? こちらも実際にコーディネート例を見ながら考えていきましょう。

紺をベースカラーにしたファッションコーデ

ベースカラー紺_コーデ

画像参考:wear

ベースカラー紺_コーデ

参考画像:wear

紺をベースカラーに選ぶべき人(似合う人)

紺のベースカラーが似合う人は、以下のような特徴がある人です。

 

穏やかで優しい印象の人

周りとの協調性を尊重するタイプの人

薄めの顔立ちの人

 

黒のベースカラーと、ほぼ真逆のタイプは紺色をベースカラーに選ぶと良いでしょう。周りとなじめる人、優しいほんわかした雰囲気の方は紺を選びましょう。

ベースカラー紺の人に似合うアイテム

ベースカラーが紺の人に似合うアイテムは以下の通り。紺がベースカラーの人は、茶色や白系統の明るめの色がおすすめ。紺色のジャケットを合わせれば、コーディネートもまとまりやすくなります。黒・紺ともに、ジャケットは紺色がおすすめなので、1着は手元に置いておきましょう。

 

茶色系のパンツ

白のVネックTシャツ

ベージュのアイテム全般

※紺色のジャケット

ベースカラーを選ぶとコーディネートが楽になる!わからなければプロからの助言を受けるのもアリ!

ファッション_ベースカラー

ベースカラーを選んでおけば、洋服を購入する際やコーディネートを組む際に非常に楽になります。ベースカラーのおすすめ「黒か紺」にしておけば、いろいろな色との相性もよくなるので、参考にしてみてください。また、黒か紺のベースカラーに定める際は自分の性格や顔立ちをもとに決めるようにしましょう!

 

もし自分で判断するのが難しいという場合は、ファッションレンタルサービスなどを利用してプロの方に質問するのもアリだと思います! 著者の私自身もお世話になっているファッションレンタルサービスのleeapでは、LINEで気楽に相談できるので非常に便利です!気になる方は以下に公式サイトを張っておくので、見てみてくださいね!

 

ファッションレンタル「leeap」公式サイト

おすすめの記事