ジャケパンという言葉を聞いた事ありますでしょうか?ジャケパンは「ジャケット×パンツ」の省略系で、トップスにジャケットボトムスにパンツ(ズボン)を履いたコーディネートのことを指します。

 

ジャケパンは、大人のコーディネートとしては定番で、ビジネスでも休日のデートにも対応できるビジネスカジュアルスタイルです。

 

ジャケパンはスーツと違い、上下別の生地や別の素材のモノを繰り合わせることができます。スーツに比べ、非常に自由度が高いというメリットがありますが、何を組み合わせれば良いか分からない……なんて方も多いはず。

 

今回はそんなジャケパンスタイルの基本となる着こなし方を見ていきたいと思います!これからジャケパンにチャレンジしたい!もう少しカッコよく着こなしたいという方、参考にしてくださいね!

ジャケパンが必要な人・必要な時はいつ?

そもそもジャケパンが必要な人や、必要な時ってどんな時なんでしょうか?いくつか考えられるので箇条書きで書いていきます。

 

ジャケパンが必要な人や場合

●会社勤めだけど服装自由の方

●フリーランスや自営業の方

●大切な打ち合わせ・商談の時

●大人の女性とのデート

●結婚式の2次会

●ゴルフやパーティーなどのビジネスカジュアルの場

 

などが考えられます。そのほかにも、色々な状況で切ることはできますが主なものはこれらだと思います。こういった状況になった時に困らないよう、ジャケパンの基本アイテムと着こなし(コーディネート)をご紹介していきます。

ジャケパンの基本アイテムはジャケットとパンツだけじゃない!?

ジャケパンスタイルの基本アイテムは実は、ジャケットとパンツだけではありません。持っておくべきアイテムは以下の通りです。

 

ジャケパンの基本アイテム●ジャケット(テーラードジャケット)
●パンツ(スラックス)●革靴・ベルト(色を合わせるとgood)

●シャツやネクタイ

 

となります。ジャケットだけでなく、合わせられる靴やシャツ・ネクタイも一緒に購入しておきましょう。ジャケパンスタイルはしているけど、足元がマッチしていないスニーカーではカッコ悪いですよね?シャツやネクタイはマストアイテムではありませんが、フォーマル度合によって着用しなければいけない場合もあると思うので、用意しておくと間違いないでしょう。

 

ジャケットはネイビー、スラックスはグレーというのが、定番のカラーコーデです。迷ったらとりあえずこの色を買っておくと良いでしょう。では、実際にコーディネートを見ていきましょう!

できる男のジャケパンコーディネート例!

ここからはジャケパンコーデを画像付きで解説してきます!もちろんそのまま真似してオシャレに決まるものばかりなので、参考にしてくださいね!

ネイビージャケット×グレーのパンツは定番中の定番!

ジャケパンスタイル

参考画像:wear

 

定番の「ネイビー×グレー」のスタイルです。ネイビーやグレーは強調しすぎていないため、どんなシーンでも活躍してくれるうえに、アイテムを少し変えれば着回しもききますね。

 

画像のように、ネクタイを少し可愛いモノにすれば、他の人とは一味違うオシャレな印象に。

ネイビージャケット×白パンツは最強のモテコーデ!

ジャケパンスタイル

参考画像:wear

 

ネイビー×白のジャケパンコーデは、爽やかな季節にぴったりのコーデです。ベルトと靴の色を茶色で統一することで、上手く統一感をだすことができます。

 

オシャレで仕事もできそう……そんな印象を与えたい方におすすめです!

チェック柄のジャケットもOK!

ジャケパンスタイル

参考画像:wear

 

ジャケパンスタイルに慣れてきたら、目を引くチェック柄のジャケットを取り入れてみるのも良いでしょう。

 

ジャケットが派手な分、パンツ色や靴の色は抑えておくのがポイント。それぞれのアイテムで個性が出過ぎないように注意しましょう。

グレージャケット×ジーンズもあり

ジャケパンスタイル

参考画像:wear

 

ビジネスシーンで、ジーンズは着用してはいけないという事も言われますが、最近ではジーンズをはいている方もよく見かけます。時代とともに、そのあたりも緩くなってきており、ジャケパンスタイルでもジーンズはよく使われます。

 

写真のように、グレーのジャケットにブルー系のパンツの相性は抜群!スラックスに飽きてきたらチャレンジしてみましょう!また、シャツ意外にタートルネックを使用すると、冬の寒い時期でも着れるのでおすすめです。

セットアップも立派なジャケパンスタイル

ジャケパンスタイル

参考画像:wear

 

セットアップも立派なジャケパンコーデの1つです。セットアップは上下で同じ素材のモノを使っている&着こなしで失敗するリスクが低いため、おすすめです。

 

固めのジャケパンコーデとは違い、カジュアルよりなので、スニーカーなどを足元にもってきてもオシャレに着こなすことができます

ジャケパンは自由度が高いオシャレコーデ!

今回はジャケパンの着こなしとコーディネート例を紹介してきましたが、お気に入りのモノはありましたでしょうか?

 

ビジネスシーンでも、プライベートでも活躍すること間違いなしのジャケパンの着こなしは覚えておくと非常に役立ちます。今よりもう少し、大人っぽくなりたい……そんな人はぜひ今回の記事を参考にして、カッコよくオシャレに着こなしてみてくださいね!

 

おすすめの記事