【メンズ向け】マスクによる肌荒れをスキンケアで改善!おすすめの商品も紹介します

マスクの着用による「肌荒れ」にお悩みではありませんか?

 

花粉症だけではなく、世界的に猛威をふるっている感染症の予防として、マスクは手放せないものとなっていますよね。筆者も敏感肌なので、マスクをしていると肌がヒリヒリしてしまうことがよくありました。

 

本記事では、肌荒れを改善するためのスキンケアについてまとめてみました。「スキンケアのことなんか全くわからない!」というメンズにも、基礎の基礎から紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

マスクで肌荒れをしてしまう原因は?

 

長時間マスクをすることによって、なぜ肌が荒れてしまうのでしょうか?

 

まずはマスクで肌荒れを起こしてしまう原因をこちらで確認しておきましょう。

 

  • マスクによる摩擦
  • マスク内の蒸れ
  • 肌の乾燥

 

マスクによる摩擦

肌荒れする原因として「マスクによる摩擦」が挙げられます。

 

特に不織布マスク(使い捨てマスク)は化学繊維でできているために肌への刺激が強く、肌が敏感な状態になってしまいやすいのです。

マスク内の蒸れ

マスクを長時間つけていると、マスク内は自分の呼気や汗で蒸れてきますよね。

 

マスク内が蒸れることによって、肌の雑菌が繁殖しやすい環境になってしまうのです。特に「マスクを使用することでニキビが悪化した」という方は雑菌の影響が考えられます。

肌の乾燥

マスクのつけ外しによって「肌の乾燥」が進んでしまうことも肌荒れを起こす原因となります。

 

マスク内より外気の方が湿度が低くなっていますので、マスクを外した際は顔まわりの水分がいっきに蒸発していきます。その際、肌の水分(角質の潤い)も一緒に蒸発してしまうのです。

 

マスクをしていると保湿しているイメージが強いですよね。しかし、実際はマスク内と外気の湿度の差で、肌は乾燥に進んでしまうのです。

マスクによる肌荒れはどうスキンケアすればよい?【スキンケアの基礎知識】

 

マスクによる肌荒れを改善するには、「スキンケア」が重要となります。しかし、男性だと「スキンケアなんて今までやってことないし、全然わからない」という方も多いのではないでしょうか?

 

こちらでは、より肌荒れに効果的なスキンケアをしていただくために、「スキンケアの基礎知識」を以下の項目に分けて紹介していきます。

 

  • マスクによる肌荒れには保湿が大切
  • 洗顔、化粧水、乳液の役割
  • スキンケアの流れ
  • 洗顔の正しいやり方
  • 化粧水、乳液の基本的なつけ方

 

それでは詳しくみていきましょう。

マスクによる肌荒れには保湿が大切

マスクによる肌荒れには「保湿」が大切となってきます。

 

なぜかというと、マスクのつけ外しで肌の乾燥が進んでしまうからです。また、マスクの摩擦(繊維による刺激)によって肌は敏感な状態になりますので、保湿でしっかりと肌のバリアを作ってあげることが必要となってくるのです。

 

肌の保湿には「化粧水」「乳液」によるケアが有効です。

化粧水、乳液の役割

「化粧水」「乳液」の役割を簡単に説明しますと、以下のようになります。

 

  • 化粧水:肌に水分を与えるもの
  • 乳液:肌の水分が逃げないようにフタをするもの

 

保湿は化粧水だけでも十分という意見もありますが、マスクによる刺激、乾燥を考えるとしっかりと乳液でお肌のフタをしておくことが望ましいでしょう。

スキンケアの流れ

具体的なスキンケアの流れは以下のようになります。

 

  1. 洗顔によって肌、毛穴の汚れをキレイに洗い流す
  2. 化粧水で肌に水分をしっかり入れる
  3. 水分が出ていかないように乳液で保護をする

 

毛穴が開いている「お風呂上がり」がスキンケアのベストなタイミングになります。

洗顔の正しいやり方

泡立てることもなく洗顔料を顔につけ、ゴシゴシと洗ってはいませんか?

ゴシゴシ洗うことで、敏感になっている肌に余計刺激を加えてしまう可能性があるので注意が必要です。

 

しっかりと洗顔料を泡立てて肌の上に乗せ、泡のきめ細かさだけで汚れをかき出していくのが正しいやり方です。

化粧水の基本的なつけ方

化粧水は、いきなりパンパン叩きながらつけるのではなく、ハンドプレス(手のひらを顔全体に優しく押し付ける形)で、肌にじっくり浸透させるイメージでつけていきます。

 

顔全体になじんできたら、目や鼻まわりのくぼみに指先を使って軽くなじませていきます。

 

そして、顔全体から首まわりまでを手のひらや指先を使ってパッティング(音が鳴らない程度に軽く叩くこと)で、より肌に化粧水を浸透させて完了です。

 

乳液の基本的なつけ方

乳液は、いきなり顔全体にべったりとつけるのではなく、手のひらに適量を出した後、指先を使って少しずつパッティングしながら少しずつこまめに顔全体に塗っていきます。

 

そして、顔全体に塗り終わったところで、ハンドプレスでなじませて完了です。

 

男性は皮脂が多めのため、乳液を塗りすぎるとベタベタになる可能性もあります。自分の肌の乾燥具合で量を調整するようにしましょう。

 

マスクによる肌荒れに効果的!おすすめのスキンケアアイテム【メンズ用】

 

前項にて、マスクによる肌荒れにはスキンケア(保湿)が大切なことがわかりました。

 

ただ、スキンケアの重要性がわかっても「スキンケア商品って何を使えば良いの?」とお悩みの方もいらっしゃるでのではないでしょうか?

 

こちらでは、おすすめのスキンケアアイテム(メンズ向け)を紹介してきますので、ぜひ参考にしてみてください。

洗顔

マスクによる摩擦で肌が敏感になっていますので、洗顔料は刺激が弱めのものがおすすめです。

サクセスフェイスケア スキンコンディショニング泡洗顔

適度な洗浄力で皮膚にも優しい「アミノ酸系」の洗浄成分が使用されています。しっかりと汚れを落としつつ、お肌の保護に必要な水分、皮脂は残してくれます。

 

ポンプを押すと泡状になって出てくるので、泡立てが苦手な男性でも安心です。ミクロの濃厚泡が毛穴の奥まで浸透して汚れを洗い流してくれます。

 

ウル・オス フェイスウォッシュ

脂性肌が気になる方におすすめの洗顔料となります。

 

脂性肌向けとなると刺激が強くなりがちなのですが、「ウル・オス フェイスウォッシュ」は高い洗浄力を持ちながら保湿力にも優れているのが特徴です。

 

ワンプッシュできめ細かい泡状になって出てきますので、泡立てに慣れていない男性でもお手軽に使えます。

 

created by Rinker
UL・OS(ウル・オス)
¥1,100 (2020/07/12 18:42:12時点 Amazon調べ-詳細)

化粧水

お肌に潤いを与える、おすすめのメンズ化粧水を紹介していきます。

バルクオム 化粧水

メンズ用スキンケアアイテムの代名詞とも言える『バルクオム』。やはりその実力は確かなもの。

 

何を使ったらよいかわからない、という男性の方はまずバルクオムを試すことをおすすめします!

 

無印良品 化粧水 敏感肌用

無印良品の化粧水は、コスパの高さが特徴です。品質の高さにもかかわらず、料金はお手軽になっていますので、「化粧水は初めて」という方はまず「無印良品 化粧水 敏感肌用」を試してみると良いでしょう。

 

同じ敏感肌用の化粧水でも「さっぱり」「しっとり」「高保湿」に分かれています。乾燥が気になる場合は、高保湿、しっとりがおすすめです。

 

WITH WHITE MEN 化粧水

「WHIT WHITE MEN」の化粧水は保湿はもちろんのこと、メラニンの生成を抑える成分が含まれていますので、「シミ、そばかす」の予防にも効果的です。

 

マスクによる肌荒れだけではなく、30代、40代に差し掛かり「そろそろ肌のアンチエイジングもしていかないとな…」とお考えの方におすすめです。

 

乳液

肌にフタをして水分の蒸発を防ぐ、おすすめのメンズ向け乳液を紹介していきます。

無印良品  乳液 敏感肌用

無印良品の乳液は「低価格、高品質」が特徴です。化粧水、乳液と無印良品で揃えるのも良いでしょう。

 

化粧水と同じく、「さっぱり」「しっとり」「高保湿」に分かれています。

※さっぱり→しっとり→高保湿の順に保湿力が高くなります。

 

キュレル 乳液

キュレルの乳液は、保湿成分に加えて消炎成分である「アラントイン」が配合されています。

 

特に敏感肌で、「マスクの使用で肌がヒリヒリする」「他のスキンケア商品では肌が痛くなる」という方におすすめです。

 

created by Rinker
キュレル
¥1,980 (2020/07/12 18:42:15時点 Amazon調べ-詳細)

オールインワン

オールインワンとは化粧水、乳液が一体となった商品になります。スキンケアにはあまり時間をかけたくないという方におすすめです。

オルビスミスタースキンジェルローション

オールインワンになっていますので、洗顔後にささっと顔になじませるだけでスキンケアが完了します。

 

香料やメントールが使用されていないお肌に優しい処方になっていますので、敏感肌にも使いやすくなっています。

 

 

UNO(ウーノ) UVパーフェクションジェル オールインワン SPF30+ PA+++

化粧水、乳液ではないのですが、こちらのオールインワンジェルを朝の髭剃り後に塗っておけば「肌荒れ・かさつき・ニキビ予防」に効果的です。

 

紫外線カットの成分が含まれているのも嬉しいところです。

 

 マスクで肌荒れをしないための対策は?

 

「マスクによる肌荒れをどうケアすればよいのか」に主眼をおいて説明してきましたが、そもそもが肌荒れしないためにはどう対策を取れば良いのでしょうか?

マスクの素材を変えてみる

不織布マスクは、化学繊維が使用されていますので、肌への刺激が強くなってしまいます。

 

肌荒れが気になる方は、肌触りの良いガーゼマスクに変えてみるのも良いでしょう。

※ガーゼマスクであっても何度か洗っていると毛羽立ち、肌への刺激が強くなることがあります。

ガーゼを入れる

使い捨てマスクをそのまま使いたい場合は、マスクの下にガーゼを入れるのも肌荒れの予防法として有効です。

 

ご自宅にあるガーゼや、いらなくなったTシャツを切って使うなどで構いませんが、「シルコット うるうるコットンスポンジ仕立て」がサイズ的にもマスクに入れやすく、天然素材なので肌にも優しくなっています。

 

マスクずれの予防にもなりますし、肌荒れが気になるという方はぜひお試しください。

created by Rinker
シルコット
¥950 (2020/07/12 18:42:18時点 Amazon調べ-詳細)

マスクによる肌荒れにはしっかりとスキンケアを!

「マスクを外すと肌がボロボロ」では、やはり女性ウケもよくありませんよね。マスクが手放せない今だからこそ、しっかりとスキンケアをしていきましょう。

Follow Me→