低身長の人におすすめのコーデ

雑誌やテレビを見ていて、オシャレなファッションアイテムがあっても、自分は身長が低いからといって諦めてはいないでしょうか。モデルは背が高いから似合っているだけ、「どうせ自分には似合わない」と嘆いていては、いつまでたってもカッコ良く服を着こなすことはできません。

 

低身長は確かに、高身長の人に比べて着こなしが難しかったり、短足・不格好で格好悪く見えてしまう事もあります。ただ、低身長の人でもコーディネートを工夫をすることで足を長く見せたり、オシャレに見せる方法は沢山あります

 

今回は、低身長というコンプレックスを抱えたあなたに見てほしい、低身長の人におすすめのコーディネートポイントを紹介していきます。

 

低身長の人がしてはいけないNGコーデを知る【短足が目立つスタイルは避ける】

低身長の人は、やはり高身長の人に比べると似合う格好が少なくなってしまいます。知らぬ間に自分の低身長・短足を目立たせてしまっている可能性もあります……ただ、絶対に低身長だから似合わない!という訳ではありません。あくまで、「避けたほうが無難」というイメージで見ていただければと思います。

 

ここでは、低身長の人がさけるべきNGコーデをご紹介しますので、しっかり覚えておきましょう。

サイズが大きい服「Aラインシルエット」は避けるべし!

サイズが大きい服(ビッグシルエットなど含む)は、低身長の人の敵です。体を大きく見せようとするあまり大きめのサイズを選びがちですが、逆効果。足も短く見えてしまうため、避けましょう。

 

また、サイズが極端に合っていない服は、だらしなく見えたり、ダサいファッションに映ってしまう事も多いです。サイズはしっかり自分に合うものを選ぶことを心がけましょう。

 

通販などで買う事が多い方は、自分のに合うサイズを一度お店で測ってもらうと良いですよ!

太めのパンツ・ごつめのブーツもNG

太めのズボンはなるべく避けるようにしましょう。サイズが大きい服と同じことが言えますが、下半身に相手の目線が下がるため、低身長かつ短足が目立ってしまうためです。

 

ごつめのブーツも、足元に目線を集めてしまう為、なるべく避けましょう。ブーツをはくのであれば、なるべくスタイリッシュなものを選び、強調しすぎない、さり気ないオシャレを意識すると良いでしょう。

ロング丈の洋服は低身長を露呈する

高身長の人が着て映えるアイテムの代表として、ロング丈の服がありますが、低身長の人にはあまりおすすめできません。ロング丈のカーディガンやロング丈のコートが流行っていますが、低身長の人が着ても、上半身(胴長)が長く、足が短く(短足)に見えてしまう可能性があります。上手く着こなせばカッコよく見せることも可能ですが、初心者は避けるべきアイテムです。

 

基本的に、高身長の人が着て映えるような服は、低身長の人には似合わないことが多いので覚えておきましょう。

 

低身長でも出来るコーデの工夫とポイント

低身長のNGファッションコーデを紹介してきましたが、気になるのはやはり低身長でも似合うモテファッションですよね!

 

コーデ画像付きでご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

サイズはジャストサイズ、パンツはシルエットの良い細め

低身長の人におすすめのメンズファッション

参考画像:wear

 

どんなファッションにも言えることですが、サイズ感はオシャレには欠かせないポイントです。特に低身長の人は、ジャストサイズのモノを選びましょう。タイトなシルエットは、背を高く見せたり、足を長く見える効果があります。

 

日本人の方は、低身長だとなぜか緩めのファッションをしてしまう人が多いですが、それは大きな間違い。NGファッションです。小さいからこそ、サイズはピッタリに!すらっと見せるようにしましょう。

 

以下の記事では、おすすめの黒のスキニーパンツを紹介しているので、パンツ選らびで迷ったら参考にしてみてくださいね!

 

返品OK・送料無料!!

 

短足でも黒のスキニーパンツは履けるという事実【短足?バランス?似合わない?】

上半身にボリュームを!おすすめは首元に工夫すること!

低身長の人におすすめのメンズファッション

参考画像:wear

 

もう一つのポイントは、上半身にボリュームを与え、視線を上へ上へと誘導することです。ファッションシルエットとしはYライン、もしくはIラインコーデを意識しましょう。

 

また、首元を工夫してボリュームを出したり、帽子をかぶって視線を上にすると、低い身長をうまくカバーできるのでおすすめです。

 

【オシャレな人は知っている】モテるファッションの3大鉄則とは?

靴とボトムスの色は同色で揃えると足長効果が!

低身長の人におすすめのメンズファッション

参考画像:wear

 

短足で悩んでいる方は、ボトムスと靴の色を同色にすることをおすすめします。黒のパンツをはくのであれば、黒のスニーカーやブーツを選ぶと良いでしょう。足からつま先までの境が見えにくく、足を長く見せることが可能です。

 

逆に対立した色、例えば黒のパンツに白の靴などを合わせてしまうと境界線がはっきりしてしまい、短足が目立ってしまうので注意しましょう。

低身長の悩みは、上に目線を持っていく事で解決できる

低身長の人におすすめのコーディネートポイントを紹介してきましたが、直ぐに取り掛かれそうなものばかりだったのではないでしょうか?

 

低身長だからといって、オシャレなファッションができないという訳ではありません。ちょっとしたファッションの知識があれば、自分のコンプレックスをカバーして楽しむことができるんです。

 

もう一度、低身長・短足の人がしてはいけないNGファッションと、体系をカバーできるおすすめのポイントをおさらいして終わりにしましょう。

 

【NGファッション】低身長・短足の人がしてはいけないファッション

●サイズが大きい服、Aラインシルエットのコーデ

●太めのパンツやごついブーツ

●ロング丈の洋服

 

【モテファッション】低身長・短足の人におすすめのファッションポイント

●サイズはジャストサイズを

●パンツはシルエットが綺麗な細め

●上半身にボリュームを。おすすめはYラインシルエット

●靴とボトムスは同色で揃える!

 

身長で悩んでファッションを嫌いになってはいけません。少し工夫して服を選ぶと、いつもと違ったオシャレな自分に逢えるかもしれませんよ!

 

また、コンプレックスなどを抱えた方でもプロに相談しながらコーディネートをレンタルできる「ファッションレンタル「leeap」」というサービスがあります。ファッションのプロとLINEなどで相談しつつ服を選べるので、一度試して自分に合う服を見つけてみるのも良いかもしれませんね!以下の記事で詳しく説明しているので、気になった方はご覧ください!

 

 

 

関連記事:モテるメンズファッションレンタルサービスleeapの魅力とコーディネート例

 

おすすめの記事