痩せすぎファッション

痩せすぎていて、どんな洋服を着れば良いのかわからない…特に夏は何を着てもガリガリが目立ってしまうので苦手。という人は多いのではないでしょうか。Tシャツ一枚だどガリガリが目立つし、重ね着をしようにも着こなし方がわからりませんよね。痩せ型・細身だからこそのファッションの悩みもあると思います。

 

ただ、実はファッションは細身体系の人のほうが、綺麗に着こなせるアイテムは多いんです! 華奢に見えすぎず、男らしさを損なわない、そんな理想的なファッションを本記事ではご紹介します!

 

関連記事:【低身長でそのコーデは超NG】低身長・短足におすすめのメンズコーディネートポイント

関連記事:短足でも黒のスキニーパンツは履けるという事実【短足?バランス?似合わない?】

ガリガリに見えるNGファッションは?

まずは、ガリガリ体系を強調してしまうNGファッションを紹介いたします。

胸元が大きくあいた服はNG

痩せ型の人が胸元の大きくあいた服を着てしまうと、男らしさが失われ、なよなよした印象になってしまいます。男らしさからは程遠いスタイルになり、どちらかと言えば「ガリガリを強調した悪い意味での女の子っぽいファッション」に思われてしまう可能性があるでしょう。

膝上のハーフパンツはNG

膝上ハーフパンツは、ふくらはぎ~太ももの細さが露呈するので避けるべきです。特に肌が白い男性がこのスタイルをしてしまうと、華奢なイメージがさらに強くなってしまうので気を付けましょう。

テロテロの薄い素材はNG

薄い素材の洋服は、筋肉がない方が着ると安っぽく言えてしまいます。なるべく痩せ型の人は、素材がしっかりした洋服を選ぶと印象もがらっと変わってくるでしょう。

痩せ型の人に大切なのは「シルエット」と「サイズ感」

IラインシルエットorYラインシルエットを意識すること!

ファッションには、いくつかのシルエットがありますが、痩せ型の方に特におすすめしたいのがIラインとYラインです。特にIラインシルエットは、痩せ型にもっとも合うファッションシルエットと言われており、体系を隠すのではなく「痩せ型を利用してオシャレに見せられる」というのが魅力的です。

 

以下の記事で、それぞれのシルエットについて解説しているので興味があるかたは見てみるといいかもしれません!

 

サイズ感はジャストサイズを選ぶ!大き目は避けたほうが良い

もう一つのポイントは、ジャストサイズの服を選ぶということです。痩せ型の体形を隠すために、大きめの洋服を選ぶ方が多くいますが、それは逆効果です。

 

大きめのサイズは、体のラインと洋服のラインにギャップが生まれるので、痩せ型をさらに強調してしまうのです。ですので、サイズはなるべくジャストサイズを選ぶように、意識しましょう。

 

体系の変化も忘れずに!パーソナルジムでの筋トレもあわせてするのも良し

体系をファッションで隠したり、逆に痩せ型を利用してオシャレに着こなすことは可能です。ただし、どうしても痩せすぎている・ガリガリが嫌だ……という方は、自分の体形を見直すべきです。洋服を脱いだ時に痩せているのがバレてしまったり、海に行ったときに体系が気になって楽しめないということもあると思います。

 

もちろんジムや自宅などで、筋トレを行なえる人はそれで構いません。ただ、それを継続するというのはなかなか難しいものです。

 

パーソナルジムでは、個人の目標に合わせたトレーニングを行なってくれるので安心して進めることができます。目標を明確に、そこに向けて何をすればいいか、専属のトレーナーがあなたを管理してくれます。確実に結果を出したいという方は、パーソナルジムなどでトレーニングをするのもいいと思います。

 

パーソナルトレーニングジム Body Impact plannner

まとめ:体系をカバーするファッションを

体系をカバーするファッションを知ることは、ファッションを楽しむうえで非常に大切です。コンプレックスだった痩せ型体系をカバーするには、ジャストサイズの服を着ること。Iラインシルエットを意識すると良いでしょう。

 

また、それに合わせてパーソナルジムなどで筋肉をつけていくと、コンプレックスを根底から無くすことができます。

 

自分の理想の体形、理想のファッションを思い浮かべながら生活すると、今よりもっと洋服選びが楽しくなるのではないでしょうか?

おすすめの記事